愛犬の手作りご飯を作るメリットを知っておこう

コンパクトサイズが魅力

トイプードルより小柄なサイズであるティーカッププードルは、成長しても大きさがほとんど変わりません。値段はトイプードルの3倍近くしますし、100万円以上の値段になる子もいます。ケガや病気には気をつけてあげましょう。

大切な家族のために知る

子供と女医

大切なペットが病気になってしまった場合、通院の回数を考えて足を運ぶ動物病院を決めます。長く通うことになる場合は、できるだけ家の近くにある動物病院を探します。また初診費用は500円から2,000円ほどかかるのが相場ですから、千葉で動物病院に行く際は用意しておきましょう。

身体によい酵素を与える

エサ

最近は、愛犬のご飯を手作りする人も増えていますが、栄養のことを少し知っておくだけで、さらにレシピを増やすことが可能です。食事は毎日のことですから、無理をしないことが一番です。特に朝は時間もないことから、手軽に作れることが基本となります。便利なドライフードを活用することで、手軽で美味しい手作りご飯を準備することが出来ます。人間の世界でもよく聞くことのある「酵素」ですが、もちろん犬にとっても重要な働きを持ちます。しかし酵素は生鮮食品や発酵食品からしか摂取することが難しいとされています。そこでドライフードの量を少し減らして、代わりに小さく刻んだ生の食材を加えた手作りご飯で、犬でも手軽に酵素を取り入れることが出来ます。肉や魚だけでなく、キャベツやバナナといった食材でも構いません。ドライフードとよく混ぜ合わせ、万遍なく食べられるようにしましょう。もしすべてを手作りご飯に代えるのであれば、栄養のバランスには気を付けるといいでしょう。犬にとって最も重要なお肉などのたんぱく質を半分ほど、野菜と穀物を残り半分で補います。お肉の種類は、出来れば低脂肪のものが良いとされています。馬肉や鳥のささ身などを使用すると良質な手作りご飯が出来ます。またビタミンを豊富に含んだ野菜も欠かせないものですが、消化が悪いので細かく刻んで与えるようにします。もちろん生のままでも大丈夫ですが、その場合は水分を一緒に取らせるようにします。だし汁で煮込んで与えると、柔らかい食感になるので、食の細い犬には適しているでしょう。塩分の多い調味料は必要ありません。食材の旨みで十分ですが、味付けしたい場合は鰹節などの出汁を上手く使うようにしましょう。

ペットを専門家から購入

ドッグ

専門のブリーダーは、ジャックラッセルテリアの性質を十分に把握しています。ブリーダーは、最小限のしつけなどを行うケースもあり、場合によっては購入後の飼育が楽になります。飼い方についてもアドバイスが受けられるのが、ブリーダーを利用する際のメリットです。